長野県でインプラント歯科をお探しなら矢島歯科医院へ長野県でインプラント歯科をお探しなら矢島歯科医院へ

Yajima Dental Clinic
Home 医院紹介 院長紹介 当医院の診療日 アクセス お問い合わせ
Contents

インプラント治療
 歯科インプラントとは?

 インプラントに対する私の考え方

 インプラント治療の流れ

 インプラントの手術法

 骨作り手術法

 骨作り症例

 インプラントをしてから歯を作るまで

 インプラント手術を行うに際し

 インプラントの治療症例@

 インプラント治療の症例A

 インプラントQ&A

 インプラント治療体験談

その他得意とする治療
 顎関節症治療

 審美歯科・ホワイトニング

 崩壊咬合治療

矢島歯科医院

〒382-0081
長野県須坂市横町287
TEL:026−245−0160
E-Mail:info@yajimashika.com

診療時間
休診日:日曜日・祝祭日・隔週水曜日

インプラント治療


インプラントQ&A

インプラント治療に関して、よくある質問をまとめてみました。

インプラントは年齢に関わらずどんな人でもできるのでしょうか?

A

骨の成長が止まってからの方が良いでしょう。 最低でも18歳以上になってから行います。

 

手術の際に入院は必要ですか?

A

基本的に入院の必要はありません。

 

手術の際痛みはありますか?

A

麻酔下での手術ですので、術中の痛みはありません。
術後は、1〜2本の単純なケースですと抜歯程度の痛みです。本数の多い場合、もしくは骨作り等を同時に行う場合は多少の痛みや腫れが伴います。

 

治療費はどれくらいかかりますか?

A

インプラント治療は自由治療扱い(自費)となっていますので、保険がききません。治療費は使用するインプラントの種類や本数、骨作りがあるかないか、手術の難易度、材料費、かぶせる人工歯の材質よって異なってきます。歯が何本ないからいくらと単純には計算できない部分がありますので、治療前によくご相談にしてください。

 

インプラントはどのくらいもちますか?

A

歯みがきによるメンテナンス及び定期検診をしっかりしていただくことにより恒久的な治療と言えるでしょう。当医院のケースでは、昭和60年に行ったインプラントが現在でも良好に使われております。

 

治療のあいだ歯がないところはどうしますか?

A

できる限り入れ歯または接着型の仮歯のどちらかを入れながら行うようにしています。

 

歯槽膿漏だとインプラントできないのでは?

A

これまで、歯槽膿漏でたくさんの歯を失った方々をたくさん治療してきました。当医院でも歯槽膿漏の方の治療は無理なのではと思ったこともありましたが、片顎(上顎、下顎のうちの一方)14本のうち、自分の歯が2〜3本で、残りはすべてインプラントというケースを6症例程診てきました。この方々は現在でもすべて良好な状態です。


京セラ 当サイトで使用されている写真・文章等の無断転載は、お断りいたします。
Copyright(C)2006 by yajima dental clinic,. All rights reserved
長野県でインプラント歯科をお探しなら矢島歯科医院へ